処方薬による早漏治療を体験してみました

早漏は、私の高校生の頃からの悩みでした

早漏は、私の高校生の頃からの悩みでした。
大学時代に初めて性行為を経験したときも、射精まで2分も持たず彼女に唖然とされたのを覚えています。
その頃は経験が浅いせいで興奮し過ぎるからだと思っていましたが、あれから何度女性と関係を持っても改善の兆しはありません。
いつしか私は、性行為に大きな不安を抱くようになっていました。
早漏治療の存在を知ったのは、つい1年ほど前のことです。
正直なところ、早漏がある種の症状として認知されていたとは知りませんでした。
射精までの速度は完全な個人差で、そこから極端に良くなることはないのだと決め付けていた部分もあります。
ですから偶々インターネットで早漏治療の文字を見たときには、まさに度肝を抜かれたような感覚がしたのを覚えています。
その後近くのクリニックへ行き、処方薬を使った改善を試みるようになりました。
最初に先生からいくつかの問診を受け、正式に診断をしてもらいます。
そして結果としては、私の場合は心因性早漏というものでした。
元の射精までの時間が短いことで性的なコンプレックスが高まり、余計に早漏に拍車を掛けてしまうというメカニズムです。

早漏治療薬のプリリジーの成分(ダポキセチン)とバイアグラの成分(シルデナフィル100mg)の2つの成分が1錠になったお薬があります。

まさに男のドリームですね。

https://t.co/1BQIG0L3A8

— バイアグラも格安なジェネリックで! (@seikousya) 2018年8月22日

早漏は、私の高校生の頃からの悩みでした早漏が早漏を呼ぶという、負のサイクルに私と同じように悩んでいる皆さんも是非挑戦を

早漏治療 処方薬 / 神戸ユナイテッドクリニック|ユナイテッドクリニック神戸三宮院