処方薬による早漏治療を体験してみました

早漏が早漏を呼ぶという、負のサイクルに

早漏は、私の高校生の頃からの悩みでした早漏が早漏を呼ぶという、負のサイクルに私と同じように悩んでいる皆さんも是非挑戦を

初体験のときの彼女の反応も、未だに引き摺っていると指摘されてしまいました。
どうやら早漏が早漏を呼ぶという、負のサイクルに陥っていたようです。
肝心の処方薬は、プリリジーというものでした。
全く聞き慣れない名前で最初は戸惑ったものの、不安からの早漏を改善するには最適だとのことです。
当時の私には特定のパートナーがいなかったので、自慰の中でこのプリリジーの効果を探っていく生活が始まりました。
服用の仕方は、実に簡単です。
自慰をする1時間ほど前に、1錠を水で飲むだけで構いません。
とはいえ自慰を計画的にするというのはなかなか難しく、休日などの時間がある日にアダルトサイトなどを観てスイッチを入れていました。
やはり彼女や妻がいた方が、こういったことは取り組みやすいのだと実感します。
それでも初めて服用したその日から、明らかな違いを感じました。
まず以前よりも勃起力が高まり、持続性も増したことです。
プリリジーはED治療薬としても用いられるようなので、その恩恵もあったのでしょう。
次に本題の射精までの時間ですが、こちらも顕著に長くなりました。
以前は自慰でも5分持てば満点だったレベルが、10分程度にまで我慢できるようになったのです。

早漏治療 処方薬 / 神戸ユナイテッドクリニック|ユナイテッドクリニック神戸三宮院